インフルエンザの予防接種は受けるべきか?

インフルエンザの予防接種を避けたほうが良いか、受けた方が良いかというのは患者交流会でも良く話題になります。


もしインフルエンザの予防接種でギランバレーが再発するリスクを恐れて、仮に予防接種を避けたとしても、今度は同じ様にインフルエンザで再発するリスクを割けるために、全くインフルエンザに感染しないで過ごすことができるかというジレンマがあります。


メディカルアドバイザリーボードを持っているアメリカの大きな患者団体 GBS CIDP Foundation Internationalでは、例えば、かかりつけ医などの経過を良く知っている医師に相談して決めるように勧めています。


特にインフルエンザが引き金でギラン・バレー症候群を発症したのであれば、慎重に医師と良く相談するべきです。


例えば、独り暮らしなのか、ご家族と一緒に暮らしていらっしゃるのか、仕事の環境により、インフルエンザに感染するリスクも異なります。ご自身の経過と現在の環境を含めて医師に良く相談して決めてください。


Should I get the flu vaccine if I have had GBS or have CIDP?

https://www.gbs-cidp.org/faq/should-i-get-the-flu-vaccine-if-i-have-had-gbs-or-have-cidp/


また、新型コロナウイルスについては、まだ良く分からないことが多いのですが、今月の3日に行われた GBS|CIDP VIRTUAL SUMMIT 2020では、新型コロナウイルスからギラン・バレー症候群を発症する割合は(今分かっている数字では)インフルエンザ等と同程度だというお話しが医師からありました。


NEW! 2020 VIRTUAL SUMMIT – October 3, 2020, 10am-2pm (EST)

https://www.gbs-cidp.org/2020-virtual-summit/


新型コロナウイルスの予防接種については、まだワクチン自体が完成していないので、いろいろな推測はあるでしょうけれども、実際にどういう結果になるかは分からないというのが正直なところです。


なお、万が一ワクチンの予防接種などでギラン・バレー症候群を発症した場合は救済制度がありますので、つぎの厚生労働省の資料を御覧ください。


重篤副作用疾患別対応マニュアル ギラン・バレー症候群

https://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1c17.pdf

gbsinfo+subscribe@googlegroups.com 宛に空のメールを送ると、患者の会からのお知らせメールが届くようになります。

最近人気の記事

透明文字盤の作り方と使い方

ギラン・バレー症候群(GBS)とは(続き)

闘病記・体験談投稿のガイドライン