口パクだけで声がでる補声器


ゼルボックス補声器は気管切開、声帯萎縮、呼気の弱り(肺活量の低下)、咽頭摘出などにより、声が出せなくなった人のための電子補声器です。

喉に当てて、口パクするだけで、装置から声が出ます。口を動かして「あ」、「い」、「う」などの形を作る事ができれば、声帯、呼気(肺活量)を必要とせずに、誰でも声をだすことができる装置です。

麻痺が酷くて口や下の動きが制限される場合は、使用が難しくなります。

詳しくは、つぎのWebページをご覧ください。

ドイツ製 人工喉頭 ゼルボックス補声器
http://www.s-h-w.net/DG-Ho/servox.html
gbsinfo+subscribe@googlegroups.com 宛に空のメールを送ると、患者の会からのお知らせメールが届くようになります。

最近人気の記事

ギラン・バレー症候群(GBS)とは?

ギラン・バレー症候群(GBS)とは(続き)

闘病記・体験談投稿のガイドライン