受診する通院する入院する!120の患者術―病院選びの鉄則、医者にかかる技術、病気と向き合う秘訣 (100人の体験の知恵シリーズ)

 

ある日突然病気と向き合うと,人は戸惑いや不安に襲われます。

病院はどうやって選ぶ? 診療科は?

医者や看護師さんとの上手なコミュニケーション方法は?

診断や治療に疑問や不安が生じた場合は?

夜間や休日に突然の発病! どうすればいい?

急病・入院に備えておくべきモノとコトとは?

快適な入院・通院生活の秘訣とは?

病名告知にどう向き合い,情報開示をどう求める?

医療費はどのくらいかかるの? 節約は可能?

スムーズな退院・転院・在宅療養のポイントは?

患者家族としてのサポートの心得とは?

——そうしたあらゆる疑問について,100人以上の方から寄せられた生の声をもとに,患者生活へのアドバイスと,役立つ情報を凝縮させたのが本書です。また,医師や看護師など医療関係者のプロの意見も多数掲載されています。試行錯誤して病気を乗り越えてきた患者経験者の声には重みがあり,体験に裏付けられたアイデアやアドバイスは,そのまま役立つ情報の宝庫であると同時に,闘病の勇気をくれる貴重な言葉です。

「私が受ける医療は私が決める」——そんな前向きな賢い患者になるための1冊です!

単行本: 194ページ

出版社: 医学通信社 (2006/8/1)

言語: 日本語

ISBN-10: 4870585030

ISBN-13: 978-4870585034

発売日: 2006/8/1






gbsinfo+subscribe@googlegroups.com 宛に空のメールを送ると、患者の会からのお知らせメールが届くようになります。

最近人気の記事

ギラン・バレー症候群(GBS)とは?

ギラン・バレー症候群(GBS)とは(続き)

闘病記・体験談投稿のガイドライン