COML会報誌2021年8月号(No.372)のご紹介


「認定NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)」の会報誌2021年8月号(No.372)から、ギラン・バレー症候群を体験された医療行政官の方の連載「医療行政官が患者になって」が始まりました。

また、COMLの医療相談から新型コロナに関する内容をまとめた「新型コロナウイルス禍からやがて1年半 これまでの相談の変遷と直近3ヵ月の傾向を紹介します!」というタイムリーな記事もあります。

gbsinfo+subscribe@googlegroups.com 宛に空のメールを送ると、患者の会からのお知らせメールが届くようになります。

最近人気の記事

透明文字盤の作り方と使い方

インフルエンザの予防接種は受けるべきか?

ギラン・バレー症候群(GBS)とは(続き)

医師が患者になって初めてわかった 実際に役立つ“患者術”

闘病記・体験談の募集について

闘病記・体験談投稿のガイドライン

"ギラン・バレー症候群"の後遺症と戦いながら、マラソンを走り続ける市民ランナーの特集