GBSサバイバーの個展のビデオが公開されました

 手塚 篤 展  2021

―絶望からの脱出― 

11/21(日)~23(火)

喜多見心療内科画廊


「絶望からの脱出」 手塚篤

私は、2015年8月に死体同然になりました。

ギラン・バレー症候群という聞いたこともない難病に突然倒れました。

絶望なんて言葉じゃいい表せない絶対的絶望を体験しました。

1年7ヶ月間の入院に続く、1年6ヶ月間の在宅リハビリ生活。

この間に飲み屋さんのご主人達に救われました。

毎晩、電動車いすに乗って、満足に回らない口で、ちょっと話し相手になってもらうことで、自分の存在を確かめていました。

さらには、飲み屋の絵を描くことで、それを店に飾ってもらうことで、こんな体でも出来ることがある、新しい楽しみが見つけられると、生き続ける事が出来たのです。

個展も3回目。

1回目、2回目同様、飲み屋さんの絵を並べます。

私を救ってくれた夜の光が、この後も光り続けてくれることを祈って絵を展示させて下さい。

ビデオを見る >

gbsinfo+subscribe@googlegroups.com 宛に空のメールを送ると、患者の会からのお知らせメールが届くようになります。

最近人気の記事

インフルエンザの予防接種は受けるべきか?

お知らせをもらう

闘病記・体験談投稿のガイドライン

"ギラン・バレー症候群"の後遺症と戦いながら、マラソンを走り続ける市民ランナーの特集

透明文字盤の作り方と使い方

ギラン・バレー症候群(GBS)とは(続き)

闘病記・体験談の募集について