難病・慢性疾患患者の就労困難性に関する大規模調査へのご協力のお願い

法定雇用率論議をはじめとして、難病・慢性疾患患者の就労困難性に関する最も大切で政策に直結する調査となりますので、一人でも多くの皆様に、ぜひご協力をお願いします。


ただ、既にご回答いただいている方は、重ねての重複回答にならないように留意ください。


<調査概要>

1.対象となる方

現在の就労状況にかかわらず、すべての 18 歳~65 歳の難病

(指定難病に限りません)のある方


2.回答方法

下記リンク先または添付チラシ記載のアドレス又はQRコードから

Webフォームで回答

★患者調査フォームへのリンク

https://www.nivr.jeed.go.jp/nk 


3.回答期限

令和5年6月30日


4.目的及び注意事項

下記の患者調査 調査票見本の1ページ目に記載

https://www.nivr.jeed.go.jp/nk/h3iskd0000004vme-att/nanbyo_kanja.pdf 


特に、下記にご注意下さい。

・お一人で複数回のご回答はなさらないようおねがいします。

・アンケートを途中で離脱した場合、1 週間以内に初回回答時と同一の端末、ブラウザ

よりウェブフォームにアクセスし、離脱した箇所から回答を再開することが可能です。


ご不明点等はJPA(一般社団法人 日本難病・疾病団体協議会)、もしくは、

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 

障害者職業総合センター研究部門(社会的支援部門)

https://www.nivr.jeed.go.jp/

担当:野口(のぐち) 岩佐(いわさ) 春名(はるな)

〒261-0014 千葉市美浜区若葉3-1-3

電話:043-297-9025(月曜~金曜 9時15分~17時30分)

電子メール:ssdiv@jeed.go.jp

FAX:043-297-9058

にお願いします。


以上よろしくお願い申し上げます。

gbsinfo+subscribe@googlegroups.com 宛に空のメールを送ると、患者の会からのお知らせメールが届くようになります。

最近人気の記事

"ギラン・バレー症候群"の後遺症と戦いながら、マラソンを走り続ける市民ランナーの特集

インフルエンザの予防接種は受けるべきか?

ギラン・バレー症候群(GBS)とは(続き)

闘病記・体験談投稿のガイドライン

お知らせをもらう

透明文字盤の作り方と使い方

闘病記・体験談の募集について